So-net無料ブログ作成
ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』  ブログトップ
前の10件 | 次の10件

『みつばちマーヤの冒険』 5/10 [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

10の67.jpg
第7章 クモに捕らえられたマーヤ ☆MAYAS GEFANGENSCHAFT BEI DER SPINNE
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

クモが飛びかかろうと、ぞっとするほど真顔で葉の下に構えている姿を見た時の
マーヤの驚きは表現できないほどです。クモは意地悪く,じらし、物凄く冷血に
怖ろしく光る目で小さなマーヤを見ました。
  マーヤは大声で叫びました。今だかっておそろしくて叫んだことはありません。
怖い歯、高く掲げた足のある茶色い毛の生えた怪物の丸い体は骨組みの中にあるようです。
その姿でかがんでいる時、死だってこんなに怖ろしくはないように思えます。
飛び掛ってきそうです。そうしたら生きていられません。
  するとマーヤは、未だかって感じたことのない怒りが込上げてきました。動物なら知っている、
怖ろしがる澄んだときの声を上げました。恐怖を忘れ、命は売ることなんか出来ないほど大切との
思いから出た心の痛みです。
  「あなたの策略は死であがなうのよ」とマーヤはクモ叫びました。「さあ、殺しにいらっしゃい。
ミツバチがどんなものか見せましょう」
  クモは動きませんでした。それはとても奇妙でした。マーヤ一匹で大きな動物を
怖ろしがらせたかのようした。
  彼女にはまだ怒る力が残っています。パチン!巣の一方を支えていた長い糸が切れました。
それは小さな蚊かハエがつ込んだのでしょう、いずれにしてもミツバチのような大きな虫では
ありません。マーヤの怒りは静まっていません。
 クモは少しスルリとマーヤの近くまで寄っていました。一本の糸で縛られている足を動かすと
体は下にぶら下がりました。
  「私の巣を壊すなんて何を考えているの」とクモはマーヤにしゃがれ声で言いました。
「いったいここで何をしたいの?世界はそれほど狭いの?のんきな世捨て人さん
何で邪魔するの?」
  これはマーヤは予期していない問いかけでした。つづく


「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『みつばちマーヤの冒険』 4/10 [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

10の4a.jpg
第7章 クモに捕らえられたマーヤ ☆MAYAS GEFANGENSCHAFT BEI DER SPINNE
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

  羽に銅のように光る茶色の水玉模様がある、小さい茶色っぽいチョウチョウが
マーヤの目の前を飛んでいきました。
  チョウチョウは、小さなマーヤの嘆きを聞き、そしてクモの巣で必死にもがいている
のを見ると「ああ、かわいそうに」と言いました。「死が楽でありますように、可愛そうな子よ。
私はあなたを助けることはできないわ。私だって今日に夜にも網に掛かるかもしれないの。
でも今は素敵。お元気でね。深い死の眠りの中でも太陽を忘れませんように」
  そしてチョウは、花、太陽、そして生きている心地よさに酔いながら、ひらひらと
飛んでいきました。
  マーヤの目から涙がどっと流れ、今や体の自由はきかず、支えも、どこかに掴まる
こともできません。あっちへこっちへと縛られた羽や足がぶつかります。誰も助けて
くれる人はいませんが、出来るだけ大声で助けを呼び、ブンブンと鳴きました。
でもそうすればするほど、網はきつくなっていきました。その時カッサンドララの警告が
恐怖を持って思い起こされました。「クモの巣には気をつけなさい。クモの暴威に
残忍な死をとげています。彼女には心がなく、悪賢いので
誰も逃れられません」
  死への恐怖で、最後の力を振り絞り必死に逃れようとしました。クモの巣を
支えている長くて強いささえ綱のどこかに裂け目があったとしても、巣の中で
動けば動くほど危険になるとを感じは、マーヤはクモの巣に捕らわれた
恐ろしさを感じました。
  彼女が脱力感を感じたとき、大きなキイチゴの葉下のとても近くに
座っているクモを見ました。


「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『みつばちマーヤの冒険』 3/10 [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

11の3.jpg
第7章 クモに捕らえられたマーヤ ☆MAYAS GEFANGENSCHAFT BEI DER SPINNE
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

わかりませんでした。彼女の羽は動くなってもふわふわ漂っているのです。素晴らしく柔らかく
やさしくしなり、彼女を支えています。少し持ち上がり、ふたたび傾きそしてあっちへこっちへ
と揺れます。まるで風にひらひら舞う葉のようです。
  小さなミツバチは怖ろしいと思いましたが、まだ恐怖というほどではありません。と言うのも
痛みも窮屈な感じもなかったからです。ただとても奇妙でしかたがありませんでした。背後に
何か怖いものが待ち伏せしているように感じました。これからどうなるのか見たい気もしました。
我慢していればわかるかもしれません。
 お腹の上に、長く伸び、細く伸び縮みする銀色の糸を彼女は見ました。と同時に強烈に
驚きつかむと手はそこに引っかかってしまい、ベトッとくっ付き離れません。そして、そこには
二本目の銀の糸が肩越しに架かり、羽へと延び繋がっていて取り除けません。いたるところ
空の中にそしてマーヤの体に透明な光るベトッとした糸が架けられていました。
  小さなマーヤは怖くて叫び、それから何が起きたかが分かりました。
それはクモの巣だったのです。
  彼女の泣き声や叫びは響き渡り、そして怖ろしいほどの静寂、夏のひと時、緑の葉が
太陽の光の中で金色に輝き、虫たちは飛び交い、小鳥が空中をさっと飛んでいきました。近くで
ジャスミンがふんわり香ってきます。そこに行きたかったのに、いまやそれもできません。つづく
「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『みつばちマーヤの冒険』 2/10 [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

11の2.jpg
第7章 クモに捕らえられたマーヤ ☆MAYAS GEFANGENSCHAFT BEI DER SPINNE
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

蜂蜜をほしがる動物たちに、私たちの国家を悪意で全滅させられることもたびたびあるのです。
ただ理性のない動物が蜂蜜がほしいという欲望のためです」とカッサンドラはその頃マーヤに
話して聞かせました。マーヤは人間からいやな目に遭うまでは、カッサンドラの言葉を
真実と信じたいと思っていました。
  すでに午後になっていました。太陽は大きな野菜畑のくだもの木の後ろにあり、そこを抜けて
飛んでいきました。木々の花はすでに盛りが過ぎていましたが、小さなマーヤは花また花が
光り輝いていた頃のことを覚えていました。光りより明るく、魅惑的に清らかで、青い空に
愛らしく映えていました。甘い香りやほのかな光に幸せな気持ちでうっとりし、ずっと心に
焼き付けておこうと思いました。
  時が過ぎるなかで、まためぐって来ると思い、彼女の心は広い大地に生きられるすばらしさで
幸せでした。
  畑のが奥の方には、純白に輝く光線の真ん中に、薄い黄色い顔をつけたジャスミンの白い星状の
花房がほのかな光を放っていました。甘い香りをそよ風が運んでくれました。この季節に花を
いっぱいつける菩提樹はないの?とマーヤは真っ赤な夕日が枝に掛かるように見えていた大きな
威厳ある菩提樹に、幸せな気持ちで思いをめぐらせました。
  彼女はキイチゴの蔓の間を飛びました。青い実がすでになっていましたが、花もまだつけていました。
ふたたびジャスミンの所に行こうと飛び立とうした時、突然、何か異様なもので、額、肩そして羽が
おおわれ、麻ひしたようになりました。そしてマーヤはこの未知の出来事の特別な驚きの中でしたが
意識はありました。突然マーヤの飛び立ちが妨げられ、落ちたような感じで、隠れた悪い力によって
彼女の触覚、足、羽を見えないもので捕らわれて落下したような感じでした。 つづく
「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

『みつばちマーヤの冒険』 1/10 [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

7maja1953a.jpg
第7章 クモに捕らえられたマーヤ ☆MAYAS GEFANGENSCHAFT BEI DER SPINNE
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

ハエのプックとの出会ったからは小さいマーヤはあまり楽しい気分にはなりません。
マーヤはプックが人間に関して言ったようには考えられませんでした。
マーヤの人間に対しての思いはまったく違いました。彼女は人間は気高く美しいと
思っています。とるに足らず、軽薄だと人間を考えるのには抵抗があります。
でもあえて人間の家で会うことはしませんでした。人間にとって、ミツバチと出会うことが
心地よいかどうかはマーヤには分かりません。どの世界にあってもだれかの負担には
なりたくありませんでした。マーヤは世話役のカッサンドラが話したことをもう一度すべて
思い起こしました。
「人間は善良で賢明です」と言っていました。「かれらは強く、支配力もありますが
その権力を濫用しませんし、彼らが行く所はどこでも秩序と繁栄があります。
彼らはミツバチの群れに好意的なので、その庇護を信頼し私たちの蜂蜜を分け与えます。
冬の備えをしてくれ、われわれ動物にとってやっかいな霜や敵の大群から守ってくれ、私たちを
邪魔したり、退治もしません。このような友好的で、人間に役に立つことを引き受ける動物は
あまりいません。マーヤ、あなたはきっと人間を悪く言う虫たちの陰口を度々聞くでしょう。
それに耳をかさないように。迷ったハチの群れが荒れたとき人間なしで元に戻そうとしても
自滅してしまうのです。 つづく

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

5『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写*早朝*について [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

5maja1953a.jpg
<独>der Grashüpfer(Chorthippus parallelus)  <英>grasshopper   <日>バッタ

5『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写*早朝*につて
第5章 バッタ  ☆DER GRASHÜPFER
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

それはある日のことでした。とても早い朝
朝つゆが降り、太陽が森に昇りはじめました。
陽光が緑の草原に斜めに射しはじめると
眩くきらきらと輝く荘厳さに、言葉では表せないほど
幸せを感じ、ただただうっとりするのでした。

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

4『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写*気配*につて [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

4maja1953a.jpg
クルト <独> der Mistkäfer(Anoplotrupes stercorosus) <英>dor beetle <日> センチコガネ
イフィ <独> die Grille (Gryllus campestris)   <英>cricket    <日> コウロギ

第4章 イフィ と クルト ☆IFFI UND KURT
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

しばらく経ったある朝、小さなマーヤが青いツリガネソウの花の中で目覚めると
ひそやかなザワめく気配が漂っていました。人目を忍んだ小さなぶつかり合い
にあったように、花が動揺したように感じました。花の広がったところから
しっとりとした草と土のにおいが入ってきました。
それはとてもひんやりしていました。


「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

3『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写*森の湖*につて [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

4-maya1953b.jpg
*シュヌック <独>die Libelle(Orthetrum cancellatum) <英>dragonfly  <日>トンボ

第3章 森の湖 そして そこの住人 ☆Der Waldsee und seine Leute
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

Da sah sie plötzlich den blauen Himmel in unendlicher Tiefe unter sich leuchten.
その時彼女は突然、青い空が無限に下の方に深く、輝いているのを見ました。
彼女は最初は驚き、高く飛び過ぎて空で迷ってしまったと思いました。
でも地中の空の周りに木が映っていたので、それは大きくて静かな湖水と気づきました。

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

2『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写*バラの露*につて [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

3maja1953a.jpg
*ペピ <独>der Rosenkäfer(Cetonia aurata) <英>rose chafer <日>キンイロハナムグリ

第2章 ペピのバラの家 ☆Peppis Rosenhaus
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年

  お城のミツバチの巣から出たマーヤ。
外の世界はあまり素晴らしく、
巣に帰らず一晩過ごしました。
朝、カナブンのペピのバラの家に
やってきました。
  ボーっとなるほどの甘い香りです。
大きな赤い花にたどり着くと、
弧を描いた花びらの縁にようやくとまりました。
すると静かに転がる銀色に光る玉が現れました。
大きさはマーヤほどです。透明で、虹の七色に
きらめいています。マーヤは驚きましたが、
ひんやりした銀の玉に心うばわれました。
透明なボールは目の前を通り過ぎ、
葉の縁で傾き、陽の光にはじけ、草原へ落ちました。
美しい玉は、小さな真珠となって飛び散りました。
葉の中で元気よく、瑞々しく、きらめき、
震えるしずくは、茎へと落ちていきました。
灯火の中のダイヤモンドのようにキラキラ
していました。それは露が夜の間に花に
溜まってできた大きな水滴だとわかりました。

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

1『みつばちマーヤの冒険』 自然の描写 *太陽*について [ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』 ]

2)maja1953a.jpg
第1章 マーヤ、生まれ故郷から飛び出す ☆Majas erster Ausflug aus der Heimatstadt
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年出版

小さなマーヤが生まれ、みつ房から出てきた時
手助けしてくれたのが、一番年を取った
ハチの世話役の女性で名はカッサントドラ。
巣では、とても人望がありました。
カッサンドラから教育をうけ、外へと飛び出して
行きました。
≫マーヤの飛んでいる下は、色とりどりの絵画が
変わって行きます。
ゆっくり少しづつ、のどかな村は光の中に移って行きます。
「太陽はすべて金でできている」と小さなハチは考えました。≪


「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | 次の10件 ドイツ絵本『みつばちマーヤの冒険』  ブログトップ