So-net無料ブログ作成

生誕250年アレクサンダー・フォン・フンボルト☆250Jahre Alexander von Humboldt [A.v.Humboldt]

derloewenaffe.jpg
<アレクサンダー・フォン・フンボルトがペルーで見つけ描いた絵>
ALEXANDER VON HUMBOLDT 〟REISEN IN DEN TROPEN AMERIKAS”
出版社 1969 Deutsche Verlags-Anstalt GmbH., Stuttgart
---------------------
humboldt174.jpghumboldtinvaliden.jpg
                  Humboldt Uni. Invalidenstraße
アレクサンダー・フォン・フンボルト
(1769/9/14 ベルリン– 1859/5/6ベルリン)
Alexander, Freiherr von Humboldt
■Naturforscher 自然科学者
Physik物理, Chemie化学, Geologie地質学, Mineralogie鉱物学, Vulkanologie火山学, Botanik植物学, Vegetationsgeographie植物地理学, Zoologie動物学, Klimatologie気象学, Ozeanographie海洋学, Astronomie天文学
■フンボルトの名前は何百も 川、山、植物、町、動物、発明品、船、学校、研究所などにつけられている。(フンボルトペンギンetc.)

フンボルト生誕250年
↑◇https://www.berlin.de/kultur-und-tickets/tipps/humboldt-jahr/
フンボルト特別展 ハンブルク大学
↑◇https://www.cenak.uni-hamburg.de/ausstellungen/museum-zoologie/humboldt-lebt.html
ベルリン・フンボルト大学(Humboldt-Universität zu Berlin)
アレクサンダーの兄で言語学者・政治家のヴィルヘルム・フォン・フンボルト(Wilhelm Freiherr von Humboldt 1767/6/22 – 1835/4/8)によって創設される
↑◇https://www.hu-berlin.de/de/service/veranstaltungen/250-jahre-alexander-von-humboldt
==============================
■1796年11月 母(55才)の死亡によりアレクサンダー・フォン・フンボルト(27才)は
遺産10,000,000タラーを相続する。その頃の大工の一年の収入は200タラー
■1799年~1804年 
1799/3/15 スペインの植民地の南アメリカへ調査の旅の許可が下りる
1799/6/5 スペインラ・コルーニャ(LaCoruna)からフリゲート艦「Pizarro」でフンボルトとBonplanは旅立つ
1799/7/16 南アメリカの地、現在のベネゼーラの海岸Cumanaに初めて一歩
1804/3/7 メキシコ出発 3/19~4/29 キューバ
1804/4/29 貨物船(Frachtshiff)でフィラデルフィアUSAに行き、6/30 まで留まる
ワシントンにもおもむき大統領トーマス・ジェファーソンにも何度か会っている
1804/6/30 「Favorite」でフィラデルフィアを出港
1804/8/3 南米へ旅立って5年後、ボルドー(Bordeaux)に戻る
==============================
1826年12月(ワイマール) ゲーテ(77)は心弾ましてエッカーマンに語った。
「今朝、アレクサンダー・フォン・フンボルトが何時間かぼくのところにやって来た」と
↑-------Eckermann:Gespräche mit Goetheより--------------↑
J.W.v.ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe1749/8/28 - 1832/3/22)
Faust I (1808年発刊) Faust II( 1832年発刊)
-----------------------------
フンボルトの強い影響を受けた人物には、チャールズ・ダーウィン(1809/2/12 - 1882/4/19)がいる。フンボルトの『新大陸赤道地方紀行』(Reise in die Aequinoctial-Gegenden des neuen Continents)ほど情熱をかき立てられた本はほかにない」とダーウィン自身が証言している。

**~~~~*~~~~* ~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~*~~~**

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

生誕200年 ヴィクトリア女王 & アルバート☆ 200 Jahre Queen Victoria und Prince Albert [ドイツ観光]

coburg5.jpg
アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)(1819/8/26 - 1861/12/14)
[独]Albert von Sachsen-Coburg und Gotha [英]Prince Albert of Saxe-Coburg and Gotha

1840/2/10  結婚
イギリス女王 ヴィクトリア( Victoria 1819/5/24 - 1901/1/22)はアルバートと結婚

◇女王ヴィクトリアとアルバートとの間に生まれた子供9人(4男5女)娘たちはドイツを中心とした各国に嫁ぎ、40人の孫、37人の曾孫が誕生

---------------コーブルク街中----------------------------

stadthauserker.jpg
↑■Erker am südöstlichen Eck des Stadthauses
シュタットハウス(市庁舎)のコーブルク式の張り出し部

eingangsportal.jpg
↑■Eingangsportal Spitalgasse/正面玄関

coburgbeibayern.jpg
↑■1995年75周年記念
1919年にドイツで初めて行われた自由な国民投票で、コーブルク州とテューリンゲンの合併に88%以上の反対票が投じられた。これにより、1920年コーブルクはバイエルン州に組み込まれました。

-------Coburg  コーブルクと繋がりがある作曲家-----------
ヨハン・シュトラウス2世 / Johann Strauss (Sohn) (* 1825/10/25 † 1899/6/3)

1887年
二番目に結婚したアンゲリカ/Angelika との離婚成立
1887年
三度目の結婚をしたアデーレはプロテスタントで、しかもユダヤ人でした。カトリックのヨハンが彼女とウィーンで結婚するのは離婚歴があり大変でした。カトリックの教理によって再婚は無効と見なされていました。コーブルク公爵エルンスト2世の尽力もあり、オーストリア国籍を捨ててドイツ帝国内のザクセン=コーブルク=ゴータ公国に籍を移し、プロテスタントに改宗しました。ヨハンとアデーレはただ国籍を移しただけで、その後もウィーンで暮らしたようです。

------- J. シュトラウス2世の曲が聞けます ---------

アンドレ・リュウ(André Rieu, 1949年10月1日 - )

https://www.youtube.com/watch?v=wNTI4BnovRc
朝の新聞(Morgenblätter)op.279

https://www.youtube.com/watch?v=IDaJ7rFg66A
美しく青きドナウ(An der schönen, blauen Donau)op.314

https://www.youtube.com/watch?v=yjY-mV0mnqs
ウィーン気質(Wiener Blut)

**~~~~*~~~~* ~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~*~~~**
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー