So-net無料ブログ作成
ドイツ絵本 ブログトップ
前の10件 | -

1845年『もじゃもじゃペーター』 ☆ 〟Der Struwwelpeter” [ドイツ絵本]

sp1.jpgsp1-2.jpg
Loewes Verlag    CARLSEN   arsEdition   esslinger
19.2x24.4        10x10      9.5x12.5     10x13
-------------------------
http://www004.upp.so-net.ne.jp/click/speter.html
◇もじゃもじゃペーターの作者: 医者ハインリッヒ ホッフマン(1809/6/13 - 1894/9/20)は1844年のクリスマスに3才の息子にプレゼントする本を探しましたが、適した本が見つかりませんでした。そこで自身で書いた『Struwwelpeter』を出版しました。
<Heinrich Hoffmann (* 13. Juni 1809 in Frankfurt am Main; † 20. September 1894 ebenda) war ein deutscher Psychiater, Lyriker und Kinderbuchautor und ist der Verfasser des Struwwelpeter.>

*~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/click/deutsch.html
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~*

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

„Etwas von den Wurzelkindern“ ☆"The Story of the Root Children" [ドイツ絵本]

☆愛らしい根っこの子供たちのお話です
wurzelkiindern5.jpg
wurzelkindern4.jpg
sibylle.jpg
◇作者:ジビュレ・フォン・オルファース/Sibylle von Olfers
<1881年5月 8日- †1916年1月 29日>
24才でシスターとなり、そこで絵をさらに学なび、その後美術教師となる。
1906年には „Etwas von den Wurzelkindern“ を発表。
34才で亡くなる前の年のクリスマスまで教師の仕事を続ける。
http://www.florisbooks.co.uk/authors/sibylle-von-olfers.php
----------------------
*日本語訳の本 『ねっこぼっこ』
http://blog.atelier-michaux.com/article/37030407.html
訳者
1)ドイツ文学者で詩人の生野幸吉さん
2)日本を代表する翻訳家であり、児童文学作家石井桃子さん
3)シュタイナー学園校長で、オイリュトミストの秦理絵子さん

*~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~*
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

作・絵 エリザベス ショウ ☆ Text & Illustrationen von Elizabeth Shaw  [ドイツ絵本]

derkleineangsthase5.jpg
Elizabeth Shaw (エリザベース ショウ) グラフィックデザイナー 児童文学作家
* 1920年5月4日 in Belfast † 1992年6月7日 in Berlin

☆Elizabeth Shaw 
1920 アイルランドに生まれる
 1924 -1933 私立学校Royal Academy in Belfast (一歳上の姉と共に1年早くの入学)
1933 家族と共にイギリスへ
 1938-1940 Chelsea School of Art in Londonに学ぶ
1940-1944 戦時下において機械工として従事
1944 ドイツ人の彫刻家・画家 René Graetzと結婚
1946 ベルリンに引っ越し、子供二人
1963 〟Der kleine Angsthase” Kinderbuchverlag, Berlin より出版される
 ちいさい怖がりのうさぎは犬も、暗がりも、大きな男の子も...怖くて仕方がりません。
 でも子うさぎウリがきつねに連れて行かれそうになった時勇気が...
1992 に亡くなった後の灰はアイルランド゙の海にまかれる。

◇Für ihre Arbeit erhielt sie unter anderen den Kunstpreis der DDR, den Hans-Baltzer-Preis, den Gutenberg-Preis der Stadt Leipzig und den Käthe-Kollwitz-Preis der Akademie der Künste Berlin.

http://www.n-tv.de/panorama/Elizabeth-Shaw-waere-90-article853298.html

*~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://www.e-doitsugo.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~*
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Hoppe, hpppe Reiter! ☆ とても美しい韻を含んだ詩 [ドイツ絵本]

◇挿絵 Ruthild Busch-Schumann(1900 - 1989)
Ruthild Busch-Schumann2.jpg
◇Hoppe, hoppe Reiter! Die schonsten Kinderreime
(ホッペ ホッペ ライター!とても美しい韻を含んだ子供のための詩)
◇ISBN 978-3-480-40044-7 
http://www.thienemann-esslinger.de/esslinger/buecher/buchdetailseite/hoppe-hoppe-reiter-isbn-978-3-480-40044-7/
hoppemaikaefer3.jpg
~~~~~~~~~~~~~~
Maikäfer, flieg!
Dein Vater ist im Krieg,
dein'Mutter ist im Pommerland,
Pommerland ist abgebrannt.
Maikäfer, flieg!

コガネムシさん、 飛んでって!
あなたのお父さんは戦争へ
あなたのお母さんはポメラニアに
ポメラニアが燃えてしまっているの
コガネムシさん、飛んで!

**~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~* *
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

The little Prince☆ Le Petit Prince☆Der kleine Prinz☆星の王子さま [ドイツ絵本]

*~~~~~~~~~* ~~~~~~~* *
「絵本(星の王子さま)で覚えるドイツ語」
* * ~~~~~~~~~* ~~~~~~~*
wolkehut2a.jpg

◆作者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
(Antoine de Saint-Exupéry *1900/6/29 †1944/7/31)
◆下記に列挙した『星の王子さま』は古い本をコピー
したので原本の表紙の色と違うものもあります。
↓[英語]The little Prince
englisch.jpg
↓[フランス語]Le Petit Prince
franzoesisch.jpg
↓[ドイツ語]Der kleine Prinz
deusch.jpg
↓[イタリア語]Il Piccolo Principe
italienisch.jpg
↓[スペイン語]El- Principitoスペイン
spanisch.jpg
↓ギリシャ語
griechisch.jpg

----------------------------------☆------------------------------
作者は1944年7月31日にボルゴ飛行場から飛び立った後、地中海上空で行方不明になりました。
-----------☆-----------------------------------------------------
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「arsEdition」出版社のクリスマスの本紹介 [ドイツ絵本]

arsEdition☆http://www.arsedition.de/
Die verlorene Weihnachtspost" (サンタクロースに出した手紙はどこへ)
  作 ヴアルコ(Walko)<ISBN 978-3-7607-3630-3 >
Ausgerechnet am Morgen des 24. Dezember geht ein wichtiger Brief an den Weihnachtsmann verloren. Und fällt den beiden Freunde Hase und Holunderbär vor die Füße. Die beiden zögern nicht lange und ziehen los, um den Weihnachtsmann zu finden ... und das Abenteuer im tief verschneiten Winterwald beginnt. Am Ende erleben Hase und Holunderbär ein ganz besonderes Weihnachtsfest.
Walko
Hase und Holunderbär: Die verlorene Weihnachtspost
Ab 6 Jahren / 48 S. <7,95 € >
*----*--*---*---*--*
Eine Weihnachtsgeschichte von Charles Dickens
 (A Christmas Carol クリスマスキャロル)<ISBN 978-3-7607-1400-4 >
  作 チャールズ・ディケンズ 絵 アナスターシャ アルチポワ(Anastassija Archipowa)
Die klassische Geschenkidee für Literaten
Mehr als 150 Jahre alt ist Dickens Weihnachtsgeschichte um einen herzlosen Geschäftsmann, der unerwartet Besuch bekommt. Ursprünglich verfasst, um auf die Not der Armen aufmerksam zu machen, hat sich die Geschichte zu einem Klassiker entwickelt, der zu Weihnachten gehört wie Kerzen am Christbaum. Diese Neuausgabe glänzt mit fantastischen Bildern der Künstlerin Anastassija Archipowa.
Anastassija Archipowa /Charles Dickens
übersetzt von Sybil Gräfin Schönfeldt
Die Weihnachtsgeschichte von Charles Dickens
Ab 8 Jahren / 128 S. / mit Leinenrücken<16,95 € >
*----*--*---*---*--*
Bratapfel & Weihnachtsbaum(焼きリンゴとクリスマスツリ)
  作 パウラ ヴィンター(Paula Winter)<ISBN 978-3-7607-3690-7 >
Ein weihnachtliches Nachschlagewerk für die ganze Familie
Hätten Sie gedacht, dass das berühmteste Weihnachtslied aus einem kleinen Dorf in Österreich kommt? Und kennen Sie die Legenden, die sich um den heiligen Nikolaus ranken? Fast glaubt man, das Knistern der Kerzen zu hören und der Duft süßer Bratäpfel in der Nase zu haben - so stimmungsvoll »serviert« dieses Buch weihnachtliche Bräuche, Legenden, Gedichte und Rezepte.
Paula Winter
Bratapfel & Weihnachtsbaum
Bräuche und Legenden aus der stillsten Zeit des Jahres
80 S. / Halbleinen mit Goldfolie am Umschlag<12,95 €>
*----*--*---*---*--*

「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://www.e-doitsugo.com

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

pixiの本いろいろ [ドイツ絵本]

11月9日はベルリン壁が崩壊して20年
壁は28年前1961年に築かれました。
子供のための知識の本ですが、
わかりやすく大人が読んでも
大変ためになります。
◇『かべ崩壊』 ISBN: 978-3-551-24076-7
Carlsen Verlag GmbH, Hamburg 2009
derfalldermauer250.jpg

◇『クジラとイルカ』 ISBN: 978-3-551-24058-3
Carlsen Verlag GmbH, Hamburg 2008
waleunddelfine250.jpg

◇『ウサギくんのはじめての一人旅...』
2008 by Carlsen Verlag Nr.1654
文 Herbert Kranz 絵 Fritz Koch-Gotha 
haeschenklein160.jpg

***:::**:::***:::**::***:::**::***
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com







素敵なクリスマス本 10冊(dtv出版) [ドイツ絵本]

☆dvt のサイトで本の紹介が見られます click
1)Berbig, Renus
〟Unglaubliche Weihnachten ゛ <Euro 9,90 [D] >
2)Berner, Rotraut Susanne
〟Apfel, Nuss und Schneeballschlacht ゛ <Euro 15,00 [D] >
3)Gaarder, Jostein
〟Das Weihnachtsgeheimnis ゛<Euro 9,95 [D] >
4)Michels, Tilde
〟Es klopft bei Wanja in der Nacht ゛  <Euro 7,95 [D] >
5)Nordqvist, Sven
〟Morgen, Findus, wird's was geben ゛ <Euro 8,00 [D]>
6)Sehlin, Gunhild
〟Marias kleiner Esel ゛  <Euro 4,95 [D] >
7)Stohner, Anu
〟Das große Adventskalenderbuch <Euro 9,95 [D]>
8)Stohner, Anu
〟Das große Adventskalenderbuch
   Neues von den Weihnachtsmäusen ゛
 <Euro 9,95 [D] >
9)Tazewell, Charles
〟Die kleinsten Weihnachtswunde ゛[Euro 7,95 [D]
10)Westhoff, Hannelore
〟Draußen gibt's ein Schneegestöber ゛ <Euro 6,00 [D] >

****************************************
michel.jpg「絵本で覚えるドイツ語」

『みつばちマーヤの冒険』 挿絵 [ドイツ絵本]

『みつばちマーヤの冒険』“DIE BIENE MAJA” und ihnre Abendteuer  
作 WALDEMAR BONSELS 絵 Anton M. Kolnberger 
出版 DEUTSCHE VERLAGS-ANSTALT/1953
挿絵は表紙を入れて全部で13枚。下記の挿絵は11,12,13枚目の絵です。
13-170.jpg
Majas Gefangenschaft in der Räuberburg
14-170.jpg
Majas Flucht
17-170.jpg
Die Schlacht der Bienen und Hornissen

2007-04-19~2007-8-24は主に下記の2冊の本で「植物」の紹介。
◆〟Die Biene Maja und ihre Abenteuer "
作 Waldemar Bonsels 絵 Franziska Schenkel
出版社 Deutsche Verlags=Anstalt Stuttgart/1930年頃
◆〟Die Biene Maja und ihre Abenteuer " 
Jubeläumsausgabe Eine Milion/『みつばちマーヤの冒険』百万部記念出版 〟
作 Waldemar Bonsels 絵 Elsbeth Schneidler-Schwarz
出版社 Deutsche Verlags=Anstalt GmbH Stuttgart/1954

2008-04-24~2008-07-26は主に下記の本で「動物」の紹介
10章はマーヤは「花の精」の出会いそして
11章でマーヤのあこがれる「人間」に出会います。
『みつばちマーヤの冒険』の原作者Waldemar Bonsels(ヴァルデマル・ボンゼルス)の描く
自然、植物、動物と一緒に旅をしました。

◇オリジナルの本に興味ある方は気軽に銀座区民館でご覧になれます。
  第1回 本の展示:9月3日(水) 18:00~18:40 場所:銀座区民館

◇8月18日から30日まで
  ニュールンベルク、バイロイト、ハンブルク
  デユセルドルフ、ボン、ケルン、フランクフルト
  に行きます。晴れやかな結婚あり
  各都市に住む友人知人との語らい
  9月にブログを書くのが楽しみです♪

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

第11章 花の精の旅立ち [ドイツ絵本]

『みつばちマーヤの冒険』
作 WALDEMAR BONSELS  絵 Anton M.Kolnberger 1953年
11maja1953.jpg
この章に登場する動物
Nachtflater 蛾 Glühkäfer 蛍 

  花の精とマーヤが夏の夜を飛んでいる時、鳥のように大きくて黒っぽい
蛾に出会います。蛾はいつも美しい蝶と比べられ、黒っぽくて
醜いと言われていました。でもマーヤに「きれい」と言われ、悲しい気持ち
から開放されたようでした。
  蛾に見送られ、花の精とマーヤが先へと進んできました。
「あ、星が落ちた」とマーヤは言いました。
「あれは蛍よ」と花の精がやさしく教えてくれました。
花の精はマーヤがいろいろな事を知らなくても笑わず、解るように手助け
してくれました。
  人間に出会える場所のジャスミンとスイカズラの茂みにやってくると
花の精は蛍に少し照らしてくれるよう頼みました。
「人間は私を夢でしか見ないのよ」と花の精は言うと、人間から見えないように
葉をまとい、輝く髪に青いリンドウの花をかぶりました。
そうして蔓の上の方にまで行きました。花の咲いているジャスミン枝のわきから
月の光に中に若い二人のカップルをマーヤに見せてくれました。
  マーヤは少し憂いを帯びてはいけど、幸福に包まれた美しい少女じっと
見つめました。花の精と同じ金色の髪を夏の夜の光が照らします。
赤い唇が少し開いて、哀愁と至福の吐息が漂います。まるで幸福を
すべて彼に与えたいようでした。少女は何か言うと、彼女の微笑が
魔法を掛けたようでした。
  マーヤは大地に生きている物が微笑むなんて知りませんでした。
彼の目は輝き、この世界全部が自分もののようで、悲しみ、災難は
永遠にこの世から消えたかのようでした。
  マーヤは、二人の姿に心深くうたれました。
人間がお互いに愛し合っている姿が一番美しいことを知りました。
そして振り向くと、蛍の光は消え、花の精はいなくなっていました。
  マーヤは遠く、細く赤くなっている地平線を見つめました。

「絵本で覚えるドイツ語セミナー」

http://www.asakaplaza.com





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - ドイツ絵本 ブログトップ