So-net無料ブログ作成
ゲーテ ブログトップ

Das Tagebuch(Goethe)☆ダス ターゲブーフ(ゲーテが1810年発表した詩) [ゲーテ]

『Das Tagebuch』
J.W.ゲーテ(*1749/8/28 - †1832 /3/22) が60才の1810年に発表した詩
この詩は不道徳であるとして長い間世に出るこことはありませんでした
1861年に 出版社「Verleger Salomon Hirtzel 」が私版を発行しました
* ------------------------------- *
下記の本の出版社:「Verlag der Nation, Berlin」
dastagebuch1.jpg
tagebuch5-auflage1.jpg
絵:マックス シュヴィマー(Max Schwimmer)
iv4a.jpgxvi2.jpg
この『DAS TAGEBUCH』の第1版の発刊にあたり
トーマス マン(Thomas Mann)が1953年12月24日に書いた文
thomasmann3.jpg
thomasmann2.jpg
                  ...Und danken Sie
freundlichst in meinem Namen auch Herrn Pro-
fessor Schwimmer für das von ihm mit so
genialisch leichter und feiner Hand illustrierte
„Tagebuch“, an dem ich große Freude habe. Ich
habe für diese kecke Moralität immer eine
besondere Neigung gehabt.
                       Ihr
                  Thomas Mann
                    
手にして大変うれしく思う「Tagebuch」に、軽やかでかつ繊細に、独創的な絵を描いた
シュヴィマー教授にも私から宜しくとお伝えいただければありがたいです。
私は日頃から特に斬新なモラルに好感を抱いていました。(訳 F.Yamada)

------------------------------------------------------------
↓『Das Tagebuch』の全文
https://de.wikisource.org/wiki/Das_Tagebuch_(Gedicht_von_Goethe)

**~~~~*~~~~* ~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
*~~~~~~*~~~~*~~~**

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ゲーテが妻に贈った詩☆Johann Wolfgang von Goethe(1749/8/28 - 1832/3/22) [ゲーテ]

-------------------------------
1788年7月12日に39才のゲーテは23才のクリスティアーネ・ヴルピウス(Christiane Vulpius1765 – 1816 )に
ワイマールにあるイルム公園(Park an der Ilm)で出会います。妻となったクリスティアーネと知り合って25年目
ゲーテが64才になる2日前、1813年8月26日に妻のクリスティアーネに贈ったのがこの詩です。
"Blümchen"(小さな花)は出会った時の「クリスティアーネ」です。


gefunden2.jpg

Im Schatten sah ich
Ein Blümchen stehn,
Wie Sterne leuchtend,
Wie Äuglein schön.

Ich wollt es brechen,
Da sagt es fein:
Soll ich zum Welken
Gebrochen sein?

Ich grub's mit allen
Den Würzlein aus.
Zum Garten trug ich's
Am hübschen Haus.

Und pflanzt es wieder
Am stillen Ort;
Nun zweigt es immer
Und blüht so fort.

Johann Wolfgang von Goethe
(1813)

-------------------------------

◇ 詩を載せた写真説明 photo by F.Y.
この菩提樹の並木を歩いていくと大公家墓所があります
http://gasse.blog.so-net.ne.jp/2014-04-17

**~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~* *
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファウスト第二部 終句 (ゲーテの自筆) ☆ Die Schlußverse von Faust II [ゲーテ]

若き日にデュッセルドルフ(Düsseldorf)のゲーテミュージアムで購入したポストカード
faust.jpg
schussverse2.jpg
http://www.goethe-museum.com/index.html
-----------------------------
母Shizuが神田の古本屋で購入し、愛読していたドイツ語の『ファウスト』
schulussversse3.jpg
kk.jpg
-----------------------------
訳者 高橋義孝 (新潮文庫 昭和四十三年二月二十五日発行)
----------------------
神秘の合唱  すべて移ろい行くものは、
永遠なるものの比喩にすぎず。
かって満たされざりしもの、
今ここに満たされる。
名状すべからざるもの、
ここに挙げられたり。
永遠にして女性なるもの、
われらを引きて昇らしむ。
(完)

**~~~~*~~~~* ~~~~~~~*
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
*~~~~~~*~~~~* ~~~~* *

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

"Liebe" J.W.von Goethe ☆ 「愛」 ゲーテ [ゲーテ]


喜びに満ち、 悲しみに満ち、 そしてあふれる思い、 尽きせぬ悩みに憂い、
天にも上る歓びの声を挙げ、 死ぬほど悲しむ、 愛する心 それが幸せ。

Liebe
Freudvoll
Und leidvoll,
Gedankenvoll sein,
Hangen
Und bangen
In schwebender Pein,
Himmelhoch jauchzend,
Zum Tode betrübt –
Glücklich allein
Ist die Seele, die liebt.

J. W. von Goethe - aus dem Egmont
vonflugzeug2.jpgvonflugzeug.jpg2011-12-9vonflugzeug0.jpg2011-12-20
~~~~*~~~~* ~~~~* *
「絵本で覚えるドイツ語」
http://www.asakaplaza.com
http://doitsugo-e.com
**~~~~*~~~~* ~~~~*

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ゲーテ ブログトップ